投稿論文

論文タイトル An interlaboratory collaborative study on a cell transformation assay using Bhas 42 cells.
投稿者 Tanaka N, Sasaki K, Hayashi K, Sakai A, Asada S, Muramatsu D, Kuroda S, Mizuhashi F, Nagai M, Suzuki H, Imamura T, Asakura M, Satoh H, Sakamoto A, Nakao R, Hirose H, Ishii N, and Umeda M
投稿先 AATEX
発表年 2009年
キーワード transformation, Bhas 42 cells, v-Ha-ras, tumor-initiator, tumor-promoter
PMID
投稿ページ 14(1): 831-848.
論文タイトル Human Sgo1 downregulation leads to chromosomal instability in colorectal cancer.
投稿者 Iwaizumi M, Shinmura K, Mori H, Yamada H, Suzuki M, Kitayama Y, Igarashi H, Nakamura T, Suzuki H, Watanabe Y, Hishida A, Ikuma M, Sugimura H
投稿先 Gut
発表年 2009年
キーワード
PMID 18635744
投稿ページ 58(2): 249-260
論文タイトル Evaluation of a liver micronucleus assay with 12 chemicals using young rats (II): a study by the Collaborative Study Group for the Micronucleus Test/Japanese Environmental Mutagen Society-Mammalian Mutagenicity Study Group. Mutagenesis. 2009;
投稿者 Suzuki H, Takasawa H, Kobayashi K, Terashima Y, Shimada Y, Ogawa I, Tanaka J, Imamura T, Miyazaki A, and Hayashi M
投稿先 Mutagenesis
発表年 2009年
キーワード Japanese Environmental Mutagen Society-Mammalian Mutagenicity Study Group
PMID 18765420
投稿ページ 24(1): 9-16
論文タイトル Dose-dependent alterations in gene expression in mouse liver induced by diethylnitrosamine and ethylnitrosourea and determined by quantitative real-time PCR.
投稿者 Watanabe T, Tanaka G, Hamada S, Namiki C, Suzuki T, Nakajima M, and Furihata C
投稿先 Mutat Res
発表年 2009年
キーワード Genotoxic carcinogens; Dose-dependent alteration; Hierarchical clustering; k-means clustering; IPA
PMID 19100860
投稿ページ 673(1): 9-20
論文タイトル Safety studies of LP20 powder produced from heat-killed Lactobacillus plantarum L-137.
投稿者 Hirose Y, Murosaki S, Yamamoto Y, Muroyama K, Miwa Y, Fujishima A, and Lynch B:
投稿先 Regul Toxicol Pharmacol
発表年 2009年
キーワード Safety; Adverse; Acute; Toxicity; Clastogenicity; Mutagenicity; Micronucleus
PMID 19328216
投稿ページ 54(3): 214-220
論文タイトル Practical issues on the application of the GHS classification criteria for germ cell mutagens.
投稿者 Morita T, Hayashi M, Nakajima M, Tanaka N, Tweats DJ, Morikawa K, and Sofuni T
投稿先 Regul Toxicol Pharmacol
発表年 2009年
キーワード GHS; Germ cell mutagens; Hazard classification; Expert judgment; Weight of evidence; GHS implementation
PMID 19505521
投稿ページ 55(1): 52-68
論文タイトル Guidance on genotoxicity testing and data interpretation for pharmaceuticals intended for human use. Proceedings of ICH Public Meeting
投稿者 Hayashi M
投稿先 ICH Japan Symposium
発表年 2009年
キーワード
PMID
投稿ページ 44-46.
論文タイトル 安全性に関するトピックの動向-S2(R1):遺伝毒性(見直し)
投稿者 林 真
投稿先 Pharmaceutical Regulatory Science
発表年 2009年
キーワード
PMID
投稿ページ 677-679
論文タイトル Dependence of DNA double strand break repair pathways on cell cycle phase in human lymphoblastoid cells.
投稿者 Takashima Y, Sakuraba M, Koizumi T, Sakamoto H, Hayashi M, and Honma M
投稿先 Environ Mol Mutagen
発表年 2009年
キーワード double strand breaks (DSBs); I-SceI site; non-homologous end joining (NHEJ); homologous recombination (HR); human cells
PMID 19402155
投稿ページ 50(9): 815-822.
論文タイトル 小林 克己, 櫻谷 祐企, 阿部 武丸, 西川 智, 山田 隼, 広瀬 明彦, 鎌田 栄一, 林 真: ラットを用いた短期反復投与毒性試験から得られた定量値の解析法. Pharm Stage. 2009; 9(3): 62-69.
投稿者
投稿先 Pharm Stage
発表年 2009年
キーワード 解析方法
PMID
投稿ページ
論文タイトル Copy number estimation algorithms and fluorescence in situ hybridization to describe copy number alterations in human tumors.
投稿者 Suzuki M, Nagura K, Igarashi H, Tao H, Midorikawa Y, Kitayama Y, and Sugimura H
投稿先 Pathol Int
発表年 2009年
キーワード algorithm; copy number alteration; fluorescence in situ hybridization; single-nucleotide polymorphism array
PMID 19351364
投稿ページ 59(4): 218-228.
論文タイトル 固定前・固定後における器官重量測定値の比較検討
投稿者 宇野 冬美, 山本 郁夫, 萩原 孝
投稿先 実験病理組織技術研究会誌
発表年 2009年
キーワード
PMID
投稿ページ 18: 45-49
論文タイトル A primary hepatic malignant mesenchymal tumor with my fibrogenic differentiation in a B6C3F1 mouse.
投稿者 Yasui Y, Toyoda K, and Imai K
投稿先 Toxicol Pathol
発表年 2009年
キーワード liver, mouse, malignant mesenchymal tumor, Ito cell tumor, myofibrogenic differentiation
PMID 19332665
投稿ページ 37(2): 244-248
論文タイトル Reduction of use of animals in regulatory genotoxicity testing: Identification and implementation opportunities-Report from an ECVAM workshop.
投稿者 Pfuhler S, Kirkland D, Kasper P, Hayashi M, Vanparys P, Carmichael P, Dertinger S, Eastmond D, Elhajouji A, Krul C, Rothfuss A, Schoening G, Smith A, Speit G, Thomas C, van Benthem J, and Corvi R
投稿先 Mutat Res
発表年 2009年
キーワード Genotoxicity in vivo; Reduction; Animal use
PMID 19765670
投稿ページ 680(1-2): 31-42